お肌の手入れをしないと、シミが薄くなることはありません

お肌の手入れをしないと、シミが薄くなることはありません

普段使い慣れない鏡を見たら、「あれ!こんなとこに大きなシミが!」と自分のシミを再発見した経験はありませんか?

 

実は、普段見慣れている鏡では、見落としているシミが案外あるのです。いつも見慣れている鏡も、角度を変えて見るなり、日の当たるところ、ライトを色んな角度から当てるなどして、シミのチェックをしてみませんか?気がつかないところで、シミは増えているものです。

 

一度できてしまったシミは、残念ながらなかなか消すことはできません。しかし、手入れをまったくしないと、シミが薄くなることはありません。

 

また、これから出ようとしているシミを防ぐ事が出来ます。肝斑て聞いた事がありますよね。簡単に言えば、潜んでいるシミの予備軍です。まだまだ、ひょっこりと現れる可能性がありますので、今食い止められるシミはしっかりと食い止めておきたいですよね。

 

さて、できてしまったシミ、これから出ようとしているシミをしっかりと食い止めるためにはどうしたらいいでしょうか?やはり、朝起きて、スッピンで紫外線に当たらない事です。外に出る前にしっかりと、SP効果の高いクリームを塗り、しっかりとファンデーションを塗ってから、外の紫外線を浴びるようにましょう。スッピンのままで、洗濯物を干すのは気をつけたいものです。ついうっかり紫外線を浴びてしまいます。その積み重ねが目立つシミを浮きぼる原因となってしまいます。

 

また、曇りだからといって油断は禁物。曇りも実は、紫外線が高いのです。外に出るときは、しっかりとファンデーションで肌をガードしておきましょう。

 

また、できれば紫外線が強い日ざしのときは、サングラスをかけるのをおすすめします。日焼けは実は目で紫外線を受け脳に日焼けやシミ指令を出してしまいます。いくら肌や顔に日焼け対策を施しても、あまり効果がないのです。しっかりと目から日焼け対策を施したいものです。

 

外出から帰ったら、自宅でのケアは、しっかりとメイクを落とし、ビタミンC配合の基礎化粧品で肌を整えて、野菜をふんだんに使った食事を取れれば理想ですね。とりわけ人参が日焼け対策にはいいと聞かされています。そして、たっぷりと睡眠をとり、翌日に備えたましょう。

 

外出前のSP効果の高い日焼け止めやBBクリームを塗り、ファンデーションをしっかりと塗り、尚且つサングラスや帽子、衣服でも日焼け対策をし、帰宅してからは、しっかりとメイクを落とし、ビタミンC配合の基礎化粧品を肌に補給してあげて、野菜を補給してあげて、たっぷりと睡眠をとってあげましょう。

 

何気に当たり前の事が、シミ対策になります。