更年期障害と脇汗の関係、女性ホルモンが影響

更年期障害と脇汗の関係、女性ホルモンが影響

女性の閉経前後5年間程度の期間が更年期です。そしてこの時期になると出てくるとされているのが更年期障害です。

 

疲労感や冷えのぼせ、脇汗に限らず発汗のトラブルと言った肉体面での不調は勿論のこと、苛々や憂鬱、理由のない不安感や集中力や活力の低下と言った精神面での不調が出てくることもあるのが特徴です。何故、このような不調が出てくるのかと言うと、まずは女性ホルモンの分泌が著しく低下するためです。

 

女性の心身の健康を司っていると言っても過言ではない女性ホルモンは、年齢を重ねていくことで少しずつ、その分泌量が減少していきます。更年期になると、その分泌量はごくわずかになるとも言われています。そして女性ホルモンの分泌と言うのは、自律神経の働きにも大きく関係しています。

 

自律神経とは交感神経と副交感神経から成立している神経で、人間ではどうすることもできない働き、たとえば心臓が脈打つとか、各器官が栄養を吸収すると言った働きを担っています。発汗も自律神経が司っています。ですから自律神経の働きが乱れたり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れたりすると、体には様々な不調が出やすくなります。実はこの自律神経と女性ホルモンは、共に大脳の視床下部と言う部位によってコントロールされています。

 

そのため更年期になり女性ホルモンの分泌量が低下したり、そのバランスが崩れたりすると、自律神経にもその影響が出てくることがあります。つまり更年期障害において脇汗などの不調が出てくる原因には、このような女性ホルモンと自律神経の関係が隠れていると言う具合です。

 

ですからそうした不調を少しでも軽減するためには、自律神経と女性ホルモン、両方に働きかけることが求められます。対策として、まず更年期障害が酷いと言う方は、医師に相談することがひとつの方法です。これと言うのも、女性ホルモンとひと口に言っても、その中には種類があり、どの種類のホルモンがどれくらい低下しているかなどは個人によって異なるためです。

 

またそうしたことは医療機関で検査を受けないとわからないので、安易にサプリメントなどを飲むと、却ってバランスの乱れが酷くなってしまうことも考えられます。検査を受け状態が明らかになれば、それに見合った治療法や薬が提案されるので、より高い効果を期待することができます。

 

また自律神経の不調に関しても、それを整えるための薬が処方されることもあるので、脇汗などの不調が改善されることが期待できます。そして自分でできる対策としては、生活のリズムを整えること、過度なストレスを避けることが重要です。自律神経は朝や夜、明や暗と言った時間概念に敏感であるため、生活リズムを整えることがその働きを整えるためには必要不可欠です。また視床下部は、ストレスに対する反応の中枢とも言われているくらいストレスに対して敏感です。

 

そのため過度なストレスにさらされ続けていると、その働きが低下して女性ホルモンや自律神経の不調につながることもあるので、ストレスとは距離を置くことが求められます。