ニキビとわきがはどのような関係があるのか

ニキビとわきがは同じような経過をたどる

わきがは、日本での正式名称を腋臭病とよび、脇が臭う病気という意味です。

 

人間にはエクリン線とアポクリン腺という二つの汗腺があります。エクリン腺からは水分の多い汗が分泌され、アポクリン腺からはべたついた汗が分泌されます。わきがはこの二種類の汗と皮脂が毛穴の中で混ざり合い、人の体内に常に存在する常在菌がそこで繁殖する際に、タンパク質や糖質を分解するのと同時に発せられる強い臭いなのです。つまりわきがの独特な臭いは、汗の中に常在菌をはじめとする様々な雑菌が入り込み、異常な繁殖を起こすことで発生します。常在菌が繁殖するためには、たんぱく質や糖質などのエサが必要となりますが、これらのえさを豊富に含んでいるのが、皮脂とアポクリン腺から出る汗なのです。

 

皮脂は、皮膚を覆っている脂質が肌の表面に分泌され、皮膚の乾燥を防いだり、病原菌から守る役割を果たします。また古くなった皮脂は汚れと一緒に落ち、肌表面の衛生状態を維持しています。しかし一部の皮脂は毛穴にとどまり、汗と混ざり合うことで異常繁殖を起こし、臭いを発生させるのです。

 

皮脂の状態を保つ働きをするのが常在菌ですが、常在菌の中で特に有名なのが、ニキビの原因としても知られているアクネ菌です。アクネ菌は肌の状態を保つために、大きな役割を果たす常在菌ですが、異常繁殖を起こすと、化膿させニキビを発症させます。ニキビとわきがを比較してみると、そのメカニズムは同じような経過をたどるため、わきが治療もニキビ治療も、毛穴の中をいかに清潔に保てるかということが重要になってくるのです。

 

この時に重要になってくるのが、清潔に保つということは、決してゴシゴシと力を入れて洗うことではないという点です。常在菌は、人の体には常に一定量が存在している菌です。殺菌力が強く、洗浄力の高い石鹸などで、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまうと、肌に必要な常在菌までも落としてしまうことになり、逆に肌トラブルを引き起こすことにもなるのです。

 

またゴシゴシ力を入れて洗うことで、必要な皮脂までも落としてしまうことになります。必要な皮脂がなくなると、神経がこれを感知し、皮脂を急いで分泌させることになります。こうなることで、反対に皮脂が過剰に作られてしまい、皮膚炎をおこしやすくなってしまうのです。炎症を起こすことで、わきがのにおいを強めることにもつながるので、皮膚を洗浄する際には、優しく洗うように気を付けなければなりません。