すそわきがは生理周期や暑い時期、特に注意が必要

すそわきがは生理周期や暑い時期、特に注意が必要

すそわきがというのは、陰部のわきがのことです。

 

すそわきがの原因や対策

 

そのため、症状は通常のわきがと同じで汗腺から出てきた汗が雑菌と混ざることにより、独特の悪臭を発するというものです。ただし、すそわきがの特徴としては、通常よりも臭いがきついことが挙げられます。女性の場合にはおりものとも混ざり合うことがあるため、生臭い臭いに変化することが多く、生理周期や暑い時期などは特に注意が必要になります。

 

原因となっている汗は、アポクリン腺と呼ばれる汗腺から出てきます。

 

これはわきの下や乳首、陰部などに分布しており、エクリン腺という通常の汗腺とは異なる臭いを持っています。この汗腺からは、細菌が好むアンモニアや脂質も汗と一緒に分泌されますので、雑菌を繁殖させやすい状況にしてしまいます。とくに陰部は排泄物の出る場所の近くでもあり、下着や衣類でおおわれているため蒸れやすい場所でもありますので、臭いや不快感が特に強くなっています。

 

欧米ではアポクリン腺が発達しているため、わきがの人の割合が高く7割程度の人が該当するといわれていますが、日本では全体の1割程度しかこの体質になっていないため、臭いが非常に気になりますし、一人で抱え込んで悩む人も少なくありません。

 

また、海外では香水で臭いを消すのが一般的ですが、日本ではもともとわきがの人が少ないこともあり、強い香水をしているとかえって悪目立ちしてしまいます。このような体質や社会的な常識の違いなどから、国内ではクリニックなどで治療を受ける人も少なくありません。

 

すそわきがの治療方法はいくつかありますが、確実性が高いのはアポクリン腺を切除する手術です。傷口はそれほど大きくありませんし、ダウンタイムも短く、再発の危険性が少ないです。また、一時的な効果が出るものとしてボトックス注射などもよく用いられます。

 

普段それほど臭いが強くなく、夏場など、一時的に症状が現れる人は、こちらの治療を選ぶことが多いです。日頃のケアとしては、専用の薬用せっけんを使用して陰部を清潔にしておくこと、消臭スプレーなどを持ち歩くことなどが挙げられます。ただし、陰部は洗いすぎると自浄作用が弱くなってしまいますので、かぶれたり臭いが強くなってしまう可能性があります。必ずデリケートゾーン専用の、刺激の少ないものを使用しましょう。

 

生理中はこまめにナプキンを交換したり、通気性の良いものを選ぶなど、できるだけ蒸れないように気を付けておきましょう。

 

 

VIO脱毛はすそわきがに効果あるのか?

 

独特の臭いを発することのあるすそわきがは、デリケートゾーンに存在するアポクリン汗腺が原因とされます。これは脇の部分と同様に、アポクリン汗腺から分泌する汗が、皮膚の常在菌によって分解されることで臭いの原因を作ってしまうことにあります。

 

分解されると脂肪や様々な成分に分けられ、鼻につんとくるような刺激臭になったり、魚の生臭さなどが発生するようです。基本的にはワキガと同じものですが、デリケートゾーンは陰毛が多くショーツに隠れることから湿気が溜まりやすく、脇よりも臭いが強くなる傾向にあるようです。

 

ここで問題なのは陰毛が臭いを溜め込みやすく、臭いを強くするという点で、逆に陰毛を少なくする、脱毛によってすっきりとさせることで蒸れにくく臭いがこもりにくい状態になります。つまり、VIO脱毛を行うことですそわきがの臭いは軽減されるということになります。

 

また、アポクリン汗腺は皮脂腺と同じく毛穴に繋がっているのですが、これが陰毛全体に広がっています。すそわきがを根治させるためには剪除法と呼ばれる外科手術を行い、皮膚の下からアポクリン汗腺を摘出する必要があるのですが、軽度の症状であればレーザー治療を行うことで良くなるようです。

 

VIOラインで行うレーザー脱毛も同じシステムの機械を使用しているので、照射するレベルなどに違いはありますが、それなりに有効なものとされます。目的が違うので確かな効果はありませんが、レーザーによるVIO脱毛を行うと、一部のアポクリン汗腺にダメージを与えて汗の分泌を抑制することができるようになります。

 

汗の分泌が少なくなれば、その原因となる物質を減らすことができ、すそわきがの強烈な臭いを軽減させることにも役立つようです。これに加えて陰毛が少なくなることで、蒸れを軽減し清潔に保つことで雑菌を減らして分解そのものを抑えることで臭いを減らすということに繋がります。

 

このようにVIO脱毛はすそわきがを治療するために行うわけではないので、絶対に臭いがなくなるというわけではありませんが、それなりに効果があるとされます。実際に施術を受けた人の中には、臭いが軽減された、気にならないほど薄くなったという人もいるので対策としては十分に利用できるものと言えます。

 

また、脱毛の施術を受けるのに臭いが気になる人もいるかもしれませんが、大抵のサロンではウェットティッシュが置かれているので、施術前に拭いておけば臭いを抑えることも可能です。スタッフの人も臭いに関しては理解しているので、あまり気にする必要はないようです。